校長あいさつ・理事長あいさつ

校長あいさつ

校長 富岡無空

幸福の科学学園 関西中学校・高等学校
校長 冨岡無空(とみおかむくう)

  • 1963年京都府生まれ。
  • 洛南高校を経て、東京大学経済学部卒業。
  • 大手エネルギー関連企業を経て、1990年宗教法人幸福の科学に奉職。

未来へ向かって羽ばたいてゆけ!

 幸福の科学学園関西校は、今年で開校6年目。過去、3回の卒業生を送り出すことができました。学校をゼロから立ち上げてきた一期生、二期生、三期生の生徒たちは、大学入試においても、東大、京大、阪大、早慶、関関同立などの難関大学に合格し、素晴らしい実績を残してくれました。特に、今回、三期生から、国公立大学医学部医学科の現役合格者が初めて誕生しました。そして何より、本学園の創立者である大川隆法総裁の創られた新文明の発信基地「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)」に数多くの生徒が進学し、未来を創造するための真の学問を学んでいます。

 また、部活においても、大きな成果がありました。女子ダンス部が、全国中学・高校ダンスドリル冬季大会で、中学が部門2位、高校が部門3位、ソロ高3の部で優勝。その後、アメリカで行われた世界大会では、ジャズ部門で5位、高校ソロでは優勝を成し遂げ世界一になるという快挙を達成。また、吹奏楽部が県大会で金賞獲得・県代表に選出。朝日新聞からも取材を受け掲載。未来科学部が世界ロボット競技会決勝大会で高校チームが全国3位。バドミントン部は、県クラス別選手権女子シングルスAで高校生が優勝。合唱部は、東京国際声楽コンクール全国大会アンサンブル部門奨励賞(第4位)、室内学部も全国大会に2名入選。その他の部活においても、ここで書き尽くせないほどたくさんの実績を上げることができました。
「私の宝物たちよ、未来に向かって羽ばたいてゆけ。」──これは幸福の科学学園創立者・大川隆法総裁の学園生への言葉です(『教育の使命』あとがき)。

 受験生のみなさん、どうか大きな志を持って、本学園を目指してきてください。そして、未来へ向かって羽ばたいていってください。


学園理事長あいさつ

理事長 木村智重

幸福の科学学園
理事長 木村智重(きむら ともしげ)

  • 1958年大阪府生まれ。
  • 大手前高校を経て、京都大学法学部卒業。
    エール大学経営大学院(MBA)修了。
  • 大手銀行を経て、1994年幸福の科学に奉職。理事長、宗務本部長、国際本部長、政務本部長などを経て、2013年12月より現職。

日本と世界のリーダーになろう!

 幸福の科学学園関西校が、豊かで静かな琵琶湖の畔に開校し、6年目を迎えました。これもひとえに皆様方の温かいご支援・ご協力のお陰です。心より感謝申し上げます。

 学園の創立者である大川隆法総裁は、御法話「世界に羽ばたく大鷲を目指して」において、「人づくりが、すなわち国づくりであり、世界づくりにもなっていく」と述べられました。この理念を体現し、幸福の科学学園は、エル・カンターレ信仰に基づく信仰教育を通して、「真のリーダー」即ち「高貴なる義務(ノーブレス・オブリージ)を果たす徳ある英才」を育てています。「自分のために世界がある」のではなく、「世界のために自分がある」と考える人材です。その成果が、確実に、学業、部活、そして何よりも、生徒達の魂の成長、仏性の輝きとして、現れてきております。

 特に関西校の中庭には、ヘルメス神像があり、生徒達を見守って下さっています。ヘルメス神は「発展・繁栄の神」「商業や芸術の神」として有名ですが、その息吹を受けて、生徒達は「可能性のかたまり」として光輝いています。企業家精神、創造性、芸術性に優れ、「利他の精神」が強いことが特徴です。

 ぜひ、皆さんも関西校で学び、「日本と世界のリーダー」へと成長して下さい。私達が全力でサポートします。