開校記念樹の枇杷の実がなりました!!

幸福の科学学園関西校の開校記念樹として、エーゲガーデン(中庭)に植えていた枇杷の木に、開校四年目にして初めて実がなりました。

この枇杷の木は、幸福の科学学園の創立者である大川隆法総裁先生が小学校4年から中学校3年まで勉学に励まれた、徳島県川島町(現・吉野川)の御生家の離れに植えられていた木を根分けし、開校を記念して2013年4月に移植したものです。

これから生徒の様子を温かく見守りながら、生徒の成長と共に、たくさん実をつけていくことでしょう。