中学女子ダンス部、世界大会で部門準優勝!

中学女子ダンス部は、ロサンゼルスで行われたダンスの世界大会49th Annual Pageant Miss Dance Drill Team USA Competition 2016のMEDIUM OPEN JUNIOR HIGH/MIDDLE SCHOOL部門に出場し、この日のために練習を積んできたJAZZダンスを披露してまいりました。演技は現地時間の4月2日11:58からBren Events Centerで行われ、結果は部門で第2位の準優勝となり表彰されました。初の世界大会での入賞、本当におめでとうございます!

出場するに当たり、保護者の皆様をはじめ、関係の皆様方に、多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

部員たちは、会場に来てくださった全ての人々の魂に響くダンスをしようと精一杯演技をいたしました。結果発表後、中学女子ダンス部の部長の中村さん(中3)は「初の世界大会の舞台でしたが、緊張することなく、とにかく皆が溢れるくらいの感謝の思いで踊ることができました。本大会は部門2位で、とても悔しい思いもありますが、世界一を終点にするのではなく、世界一を通過点にして、世界中の人々を幸福にするダンス部になるために、進化し続けていきたいと思います。来年、またここへ戻ってきます!」と次なる決意を新たにしていました。

さらなる高みを目指して、これからも女子ダンス部は精進してまいりますので、応援宜しくお願い申し上げます。