「私たちと北方領土」作文コンクールで滋賀県町村会長賞受賞!

滋賀県主催の「私たちと北方領土」作文コンクールにおいて、中学一年の桑島充希(中1)くんが「滋賀県町村会長賞」を受賞し、2月13日(金)ピアザ淡海ピアザホールにて授賞式が執り行われました。入賞者については、3月下旬に実施される根室市への現地派遣研修に招待されます。中1での入賞は桑島君のみで、桑島君は「受賞を知ったときはびっくりしましたが、嬉しかったです。今までは北方領土に関心がなかったのですが、インターネットや本で調べるうちに、北方領土の大きさが意外と大きいことや、魚がたくさん取れること、また、ロシアの支配下に置かれた背景などを知ってからは腕が痛くなるまで書き続け、書き終わったのは夏休みが終わるギリギリ前でした。この文章が北方領土返還の力になればいいなぁと思います」と受賞の喜びを語っていました。

受賞式の様子や研修会の様子は以下のホームページにアップされる予定です。

http://www.hoppou-shiga.jp/article/14231018.html